猿田彦大神塔
さるたひこだいじんとう

資料解説

猿田彦大神を祀る石塔です。江戸時代の安政8年(1779)に建立されています。猿田彦は記紀に登場する国津神で天孫をまちうけ案内をする神とされています。

speaker_notes基本情報

資料の分類 歴史文化遺産 > 建造物・石造構造物 > 信仰関係石造構造物 > 文字塔・信仰形態 > 猿田彦大神
名称 猿田彦大神塔(さるたひこだいじんとう)
所在地 千代田町 姉 大石
場所 光円寺境内に所在する。
年代 江戸 安永8年 (1779年)
年代根拠 銘文による
指定区分 --
資料番号 4844

speaker_notes詳細情報

構造特徴・概要 不定方柱状に粗割された自然石で、頭部は尖頭状となる。正面左右側縁に縦7.5㎝・横5.0㎝の矢穴が5から6個連続して残る。正面中央部に長方形の枠を設け「猿田彦大神」の文字を刻んでいる。
現状 破損・欠損・補修等は認められない。
背景・由来・伝承
特記事項
規模 【全体規模】高:113.0㎝・幅:43.5㎝・奥行:37.0㎝
【塔身】高:105.5㎝・幅:36.0㎝・奥行:27.0㎝ 
【基礎】高:7.5㎝・幅:43.5㎝・奥:37.0㎝
材質 花崗岩
製作・建立者
祭・行事
祭神・宗派
銘文

※1、※2

【塔身正面】
 安永八己亥年
 猿田彦太神
 正月吉日

※1 実際は、多くが縦書きですが、都合上、90度回転させて横書きで表記しています。
※2 ■で表記されている文字は、調査では判明しなかった文字です。

place位置情報

compare_arrows関連情報

関連情報はありません。