観音形刻像塔
かんのんがたこくぞうとう

資料解説

大型の自然石の上方部に円光内に半肉彫りされた観音形の像が彫られています。地元では馬頭観音と言われています。

speaker_notes基本情報

資料の分類 歴史文化遺産 > 建造物・石造構造物 > 信仰関係石造構造物 > 石像・像塔 > 観音菩薩
名称 観音形刻像塔(かんのんがたこくぞうとう)
所在地 脊振町 服巻 一番ヶ瀬下
場所 一番ヶ瀬下地区西部の県道沿いに位置する。
年代 不明 --年 (0年)
年代根拠 --
指定区分 --
資料番号 598

speaker_notes詳細情報

構造特徴・概要 上部が尖る不整形な自然石を用いる。基礎・塔身で構成され、基礎はコンクリートである。塔身は底部が平面不整方形状で、上部は細く尖る。正面右上方に円光を彫り内部に観音と思われる坐像を彫る。側縁部には矢穴の跡が見られる。銘文は認められない。
現状 右上端部を欠損する。基礎は、コンクリートで補強されている。
背景・由来・伝承
特記事項
規模 【全体規模】高:178.0㎝、幅:135.0㎝、奥:104.0㎝
材質 花崗岩
製作・建立者
祭・行事
祭神・宗派
銘文

※1、※2

※1 実際は、多くが縦書きですが、都合上、90度回転させて横書きで表記しています。
※2 ■で表記されている文字は、調査では判明しなかった文字です。

place位置情報

compare_arrows関連情報

関連情報はありません。