脊振山上宮の石燈籠
せふりさんじょうぐうのいしどうろう

資料解説

元禄10年(1697)の脊振山上宮弁財天石宝殿再建時に奉納された52基の石燈籠のひとつです。寄進者として鍋嶋宦衛門茂久の名が記されています。

speaker_notes基本情報

資料の分類 歴史文化遺産 > 建造物・石造構造物 > 信仰関係石造構造物 > 石造施設 > 石灯籠
名称 脊振山上宮の石燈籠(せふりさんじょうぐうのいしどうろう)
所在地 脊振町 服巻 (国有林野)
場所 脊振山頂上宮弁財天参道沿いに位置する。
年代 江戸 元禄10年 (1697年)
年代根拠 銘文による
指定区分 --
資料番号 59

speaker_notes詳細情報

構造特徴・概要 基礎は埋没のため詳細不明。竿部は上下・中位に明瞭な節を持つ。中位の節は太く隆起が高い2条の節である。中台は六角形で請花は全体の1/2ほどの高さを持つ。上半部の角面には装飾等は見られない。火袋はコンクリート製となり六角形である。三面に長方形と三角形の火口を持つ。笠部は六角形で大きく突出する蕨手を持つ。宝珠は欠損する。
現状 宝珠は欠損し、火袋はコンクリート製に変わっている。
背景・由来・伝承 鍋島綱茂公による上宮石宝殿改築の記念として寄進jされた52基の石燈籠のひとつ。
特記事項
規模 【全体規模】高:163.0㎝、直:71.0㎝
材質 安山岩、火袋はコンクリート
製作・建立者 寄進者:鍋嶋宦■衛門茂久
祭・行事
祭神・宗派
銘文

※1、※2

【竿部】
     奉寄進 石燈籠一基
         肥前州脊振山上宮
    大辨財天 御廣前
     元禄十丁丑年八月吉旦
       鍋嶋宦■衛門茂久

※1 実際は、多くが縦書きですが、都合上、90度回転させて横書きで表記しています。
※2 ■で表記されている文字は、調査では判明しなかった文字です。

place位置情報

compare_arrows関連情報

関連する特集